人気ブログランキング |

オクデマンの道

ブログトップ

詳細パート2.

すでにうろ覚え(汗) 年齢と共に記憶力も乏しくなっていく今日この頃、大体都合の悪いものはもともと早く忘れてましたけどね(爆)

 そんなこんなで、クソ真面目詳細当日編!スタート!

久しぶりの大会前プラの晩は、それぞれ集まったみんで風呂&食事&酒!そして寝床に就き妄想とワクワクで心地よく眠り翌朝へと~

 午前7時受付開始で日の出を過ぎた辺りから各昇降場からボートが会場のTS-ONに集まってくる、何度見てもいい光景だが、今回はまたいつもと違って見えた!なぜか嬉しくなる様な感覚!

あちこちで雑談!談笑!はたまた自信たっぷりの人、まだまだどこに行こうか悩む人、緊張でハイテンションな人、色々だがこれまたトーナメントの醍醐味の一つ!すでに戦いは始まっているのだ^^

 ミーティングが始まり、いつものように噛みながら進行しフライト抽選が始まる!自分は青の12番 今回抽選者に選ばれたのは 森口プロ!すべての運命は森口プロに掛かっていると言っても過言ではないですね^^
そして抽選に選ばれたのは 「青」 第1フライトは青!帰着時間は午後1時 第2フライトは赤 帰着時間は1時10分

第一フライト12番、プランは固まった!前日のエリアで勝負!でも久しぶりのトーナメントだし気持ちを落ち着かせるため、少し弱気に先ずはリミットをインサイド岬周辺で揃えに行き状況を見て考えることにする!
a0053760_20265591.jpg

スタートからデッドスローが続き、小口橋を越えてもデッドスロー!久しぶりに早く釣りたい欲に掻き立てられた。

ようやくエリアに3~4番手に到着(1時間くらいに感じたが^^) まずはボートポジションをインサイドの頂点付近に固定狙いの水深は6m付近だが、先ずは小さくてもいいので魚を触りたいと言う事で、立ち木が絡むシャロー側へキャスト!2・3・4・mとバンクキャストで探り、立木を抜けた辺りの5m付近でバイト!450gを幸先よくキャッチ!
 で辺りを見ると入り口付近から続々と、予想を超えるボートの数が進入してきている(汗) 幸先よくベースとなる450gをキャッチした事もあり、岬の先端付近のアウトサイドからの駆け上がり部分にマーカーを投入する事にした、それによりそこのポイントにボートとエレキのプレッシャーを掛けないようにする為だ、
a0053760_20261526.jpg

 そしてマーカーの効力か?あまり人がこのポイントに入ってこない♪ と思いきや入り口付近で釣りをする今回優勝のクロちゃん事、黒川プロが釣りに釣りまくっている!そして3位4位の大原選手と斉選手も釣りに釣りまくっている!すると!アッというまの大船団形成!

これはある意味ラッキー!?なのか、それとも魚が少し下流に移動してしまったのか?焦る。

そうこうしているうちに、同じようなキャストで300g程のキーパーキャッチ、あえて小さくてもいからキーパー揃えに行っているのだが、焦る。
 
 そこに、昨日プランを少し話し合ったリザーバーの和田プロが大船団を抜けて、このエリアのアウトサイドに入った、「バイト数は少ないが良型パターン」に入ったと思われる

 和田プロとつかず離れずの位置関係で釣りをする中。相変わらず下流船団は釣れ続けている、かなり羨ましい(笑) さらに満を持してのキャロジャークにまさかの小型・・・ このままでは奈プ王全開間違いなし!

そこで和田プロがギュ~ンとヒット!ナイスキーパーGETです!しかも連発だったりするから、心は折れずに復活です!

 落ち着いて釣り直し、とりあえずリミットメイク!下流あたりが落ち着きを見せ始めた頃、ショートジャークに鮮明なあたりが出る、450gや500g弱キャッチ!
 今回のキャロのジャークは普通のジャークもショートジャークもその後のカーブフォールが肝で、イメージはボトム付近でスイミング!ジグヘッドやDSでも出来そうなものだがスピードが若干違ってくるので、プレッシャーの高いエリアでスロー気味なリアクションの場合には自分には合っていた。

対岸の和田プロもリミットメイク&入れ替え!自分もベースを少し上回る入れ替えをする事ができ!さらに狙いのアウトサイドからの駆け上がりで本命の700gキャッチ! この時点で2500弱。

徐々に風も強くなり、湖面には陽が差し込んでくる、風はウエルカムだが(爆風は嫌)陽が差し込むのは食いが悪くなる、この後少し入れ替えたが狙いの駆け上がりからは魚の反応が無くなった、陽が差し込んだことにより多分立ち木やストラクチャーにタイトに付きだしたのだと思う、この時点で残り時間が少なくなり帰着に向かう。
a0053760_20201962.jpg
この時点でシングル入賞は入ったかな!?な感じ位で、それよりもトーナメントを存分に楽しんだ、やりきった感で満ち溢れていた!

だけども2560gで何とも復帰戦にしては上出来過ぎの準優勝、これは今終わったから言える訳でもあるが、最初に弱気で揃えに行くと言っていたのは、逆に強気で攻めに行った結果がこうなったとも言える、決してシリーズ戦ではどこかしら守りの釣りが勝ってしまいこのような結果は無いと思う、
 自分のパターンを純粋に次の日も信じて展開できたことに尽きる、普段からもっと自分を信じてやり切ることも大切と言う事!そしてトーナメントは楽しいと言う事に改めて思う事となった。

来シーズンもみなさんトーナメントを思いっきり楽しみましょう~!


普段の原稿より真面目に書くと疲れまふ。
by roku30kazz | 2011-11-25 20:43